ターンオーバーの乱れと肌トラブル

ターンオーバーが乱れると、肌にどのような影響があるでしょうか。古い角質がはがされず肌に残ってしまう、毛穴の詰まり、水分の不足など、肌がトラブルを起こしやすい状態になってしまいます。ターンオーバーというものは、それだけ様々な役割を担っているということです。ターンオーバーの乱れの症状を知るということは、それらの肌トラブルを防ぐことにもつながるので、ぜひ頭に入れた上でスキンケアに臨みましょう。

角質肥厚と肌トラブル

ターンオーバーが乱れると、角質肥厚という状態になります。これは、本来自然に剥がれ落ちるはずの古い角質が、いつまでも剥がれずに溜ってしまい、肌の表面に重なっている状態です。角質肥厚を放っておくと、次のような肌トラブルを発生させるかもしれません。

また、物理的な摩擦によっても角質肥厚を起こします。洗顔時や顔を拭くときにゴシゴシと擦ると肌に傷がつき、角質も厚くなります。これは洗顔方法として間違っているので、肌トラブルを起こす前に正しい洗顔方法を身につけましょう。

ターンオーバーとNMF

肌の角質層には、本来NMF(Natural Moisturizing Factor)と呼ばれる天然保湿因子が備わっています。NMFとは水分を保持する性質を持つ物質の総称で、アミノ酸やミネラルなどがそれにあたります。NMFを十分に保つことができていれば、気候の変化や乾燥に強く、見た目も美しく若々しい肌となります。しかし、このNMFはターンオーバーが乱れることにより減少してしまいます。ターンオーバーが乱れると、古い角質が蓄積されNMFが肌表面まで辿りつけなかったり、NMF自体が作られなくなってしまいます。

また、過度の洗顔や洗浄力の強い洗顔料を使うことでもNMFは減ってしまいます。洗顔石鹸など適度な洗浄力のものを使う、肌に優しい洗顔方法を行うなど、肌が自然と水分を保てるように気を配りましょう。

洗顔石鹸