ターンオーバーの仕組み

ターンオーバーとは、肌の表皮が新しい角質で生まれ変わることで、誰もがこの機能を肌に備えています。肌と一言で言っても、その構造はいくつかの層に分かれており、表皮の一番底の層で生まれた新しい細胞が上に押し上げられ、表面にたどり着くと角質と呼ばれる物質に変わります。それが、私たちが目にすることができる、「肌」と呼ばれるものです。美肌を保つためにはこの仕組みを正常に働かせる必要があります。まずはターンオーバーについて理解を深めましょう。

肌の構造とターンオーバー

肌の構造は、大きく分けると「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層に分かれています。ターンオーバーはその中でも、一番表面側にある「表皮」で行われます。この表皮はさらに4つの層に分かれており、肌表面の「皮脂膜」から、「角質層」「顆粒層」「有棘層」「基底層」という構造を持ちます。

ターンオーバーのための新しい細胞は、一番底の基底層で作られ、有棘層、顆粒層と通過して、角質層で角質と呼ばれるものになります。その際に、古い角質が垢となって剥がれ落ちる仕組みです。これが、ターンオーバーと呼ばれる機能であり、正常な状態で1周が28日間言われています。

ターンオーバーの周期

ターンオーバーの28日という周期は肌の新陳代謝が良い時の日数で、大体20歳ぐらいまでと言われています。周期は年を重ねるに連れて乱れる傾向にあり、30代から40代を過ぎると40日前後、60代では100日ほどかかると言われています。年齢によりこれだけ周期に差がでるため、肌の美しさや健康状態も大きく変化していくのです。

乱れたターンオーバーを正常に戻すために対策をしても、それを実感するには現在の周期以上の時間が必要になるでしょう。決して即効性を求められるものではないので、「まだ若いから大丈夫・・・」などと油断せずに早くから気を配りましょう。

洗顔石鹸