ターンオーバーの乱れ

ターンオーバーは、美しく健康な肌を保つために必要な機能です。この機能が乱れることにより、人は老化や様々な肌トラブルを抱えてしまいます。ターンオーバーの周期を乱す代表的な原因は加齢によるものですが、私たちの日常生活の中にも、紫外線やストレスなど原因となるものがたくさんあります。中には若年層に多く見られるものもあるので、20~30代の方も注意が必要です。肌の老化は20代後半から始まると言われているので、早めの対策が将来の美肌へとつながります。

ターンオーバーが乱れる原因

ターンオーバーが乱れる原因には、主に次のようなものがあります。

加齢による乱れは気をつけるにしても限界がありますが、その他については自分で対処することが出来るものばかりです。特に、強い紫外線を浴びると、肌のバリア機能が低下するので、しみやしわなど老化の症状が出やすくなります。紫外線が強くなる季節だけでなく、一年中紫外線対策を行いましょう。

また、不規則な生活も肌に良くないことばかりです。若いからという理由で夜ふかしや偏った食事などを続けた場合、数年後の肌に影響してくる可能性も考えられるので、普段から気をつけましょう。

ターンオーバーが乱れる季節

ターンオーバーの乱れは様々な原因で起こりますが、一年のうち、夏は特にターンオーバーが乱れやすいと言われています。紫外線の強さに加えて、夏場の外気温と冷房を効かせた室内との温度差や冷風による刺激で肌がダメージを受けてしまいます。肌に乾燥や敏感だと感じたら、しっかりと保湿をして肌のバリア機能を取り戻しましょう。また、洗顔などのスキンケアも肌に優しいものを使った方が良いでしょう。その際は刺激の強い洗顔フォームではなく、低刺激で保湿性能を備えたタイプの洗顔石鹸が最適でしょう。

洗顔石鹸